ローン中の買取OK

ローン中の買取OK

「バイクを乗り換えたいけど、まだローンの支払いが残っている」
ご安心ください。リバースオートダイレクトはローン中のバイクも買取が可能です。
ローンの残債があるからといって車両の査定価格が下がることもありません。

バイクの名義について

ローンの支払いが残っているバイクを売却する場合、名義人が誰になっているかによって手続き方法が違います。まずはあらかじめバイクの名義人を確認しておきましょう。

名義人が確認できる書類

125cc以下のバイク
標識交付証明書
126ccから250cc以下のバイク
軽自動車届出済証
251cc以上のバイク
自動車検査証(車検証)
標識交付証明書
★標識交付証明書
軽自動車届出済証
★軽自動車届出済証
自動車検査証
★自動車検査証

名義人が自分だった場合

バイクの名義がお客様ご自身のお名前になっていた場合は問題ありません。
ローンを組んでいないバイクと同様、通常どおりのお手続きで売却することができます。
ただ売却した後、それでローンがなくなるわけではないのでご注意ください。バイクがなくなっても月々の支払いは残ります。

名義人が販売店もしくは信販会社だった場合

バイクをローンで購入すると、名義がバイクを購入した販売店や、ローンを組んだ信販会社になっていることがあります。これは「所有権留保」といって、バイクの売却を制限されている状態です。
バイクを購入した方が万が一、ローンを返済できなくなってしまった場合に備えて、いわゆる「担保」になっています。
この場合は所有権解除手続きが必要です。
所有権解除手続きは当店で代行することができますので、名義人がお客様ご自身でなくてもバイクの売却は可能です。ただし、所有権解除手続きには完済証明書が必要となりますので、バイクを売ってローンも支払わなくて済むといったことはありません。

悩む前に一度ご相談を

バイクの買取価格に応じて、ローン残債の相殺が可能な場合もあります。
また、買取価格が残債に満たなかったり、反対に残債よりも買取価格が高くなることもあります。

いろいろなパターンがあるので、ぜひ一度ご相談ください。
リバースオートダイレクトはお客様のご希望のスタイルに応じたご提案をいたします。

ローン残債相殺例「ローン残債が20万円で買取価格が10万円の場合」「ローン残債が10万円で買取価格が30万円の場合」

無料出張査定申込お問合せ24時間受付